ヒントミントE4系 Max とき

1997年デビュー、オール二階建ての新幹線として、日本の鉄道車両史に輝くE4系Max。上越新幹線の名前の由来となった、新潟県の県鳥で国の特別天然記念物である「とき」のエレガントなアートと車体を彩る朱鷺色ピンクのラインが特徴。多くの方に愛されながら、平成―令和を駆け抜けたラストランの雄姿を永遠の記憶に。「Maxありがとう!」のメッセージとたくさんの思い出と特別な旅をもたらしてくれた感謝を込めてお送りするメモリアルモデル。

トップは象徴的な「とき」のアートを、三羽が舞う優美なフォルムを描くように立体エンボスを施し、特長的な車体カラーをラインで表現。インナーは24年駆け抜けた軌跡と共にMaxへの感謝と、ヒントミントのリーフロゴを朱鷺色ピンクのディンボスで、ボトムは駅舎に入るときや夕暮れの風景で走行する車両にライトがあたったときの輝きをメタリックで表現しました。